大切な最後の締め そして 最初の一歩

-- 6/21の現場 --

工事も進んで6/21、いよいよ『保健所の検査』が行われました。

レストランだけでなく、ケーキ屋も食品を販売する”飲食業”です。
特にケーキ屋は、生クリームなど、火を通さないものもたくさん扱う為、
厳し~い保健所の検査があります。
これをパスしないと営業許可がもらえず、店を始めることができません。

事前に書類や図面の提出をしに行くと、それに基づいて
トイレのドアが何とかかんとか、手洗い器のサイズがなんちゃらかんちゃら、
等の修正や改善を指導されます。
そしてそれができているかを、実際に現場にチェックに来るのが
保健所の検査です。

上に書いたトイレのドアや手洗い器の事は知っていましたが、
今回初めて知ったのがコレ
IMG_1731.jpg

アトリエの床は、物理的に不可能な場所以外はすべて
壁と床の角に”アール”がつけられて仕上げされています。
こうしておくとゴミやほこりが溜まらず、清潔に保てるんです。

保健所の女性検査員2人が『ふむふむ、床は角アールですね』と
言いながら、書類にチェックしていました。
『床が角アール』だと、ポイント上がるんですって!
全然知りませんでした(@_@)
施工会社”菱彩”の佐藤さんが、依頼しなくても当然のように
やってくれていたんです。

沢山のケーキ屋さんを施工されてきた佐藤さんならでは!
個人住宅や食品以外のお店しかしていない施工屋さんなら
こちらから言わないと気が付かなかったかもしれません。

これからお店を始める方! 
シャレた店を作るにはデザイナーも大切ですが
施工会社選びも、かなり重要かもです。

床の素材選びも、シェフが厳選しました。
”色”にこだわって

『ドアと同じターコイズブルーで。
海に浮かんでるような気分で仕事したい』

なんて言ってましたが、
洋菓子製造のアトリエ向け床材で、そんな色はありませんでした(~_~;)

色にこだわれないなら、素材にこだわる! と方向転換して選んだのが
耐油・耐薬品で、クリーンネスをキープできるこの床材。
病院などでも採用されているそうです。
これも保険所の方が『個人店でこのレベルの床材は珍しいですよ』と
ほめて下さいました。

そうして交付されたのが、コレ!(^_^)v
IMG_1710.jpg
営業許可書です。

これで、ベルノートのアトリエで、お菓子を作って販売出来るようになりました。
7年間の許可を頂きました。
小規模の個人店で最初の取得では、異例の長期間だそうです。
事前申請も検査も、全部一発でOK!
それもこれも佐藤さんのおかげです。 ありがとうございます。

さあ!いよいよお菓子作りのスタートです!

外から、こっそり激写!!
IMG_1893_20120708090535.jpg

あ、バレちゃった(*^_^*)

IMG_1892_20120708090534.jpg

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 10:04:35|
  2. ベルノートができるまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マダムは修行中(-_-;) | ホーム | トリは華やかにスター登場!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/30-f54d69e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)