コンフィチュールであんな事!こんな事!

8/14(水)・8/15(木) 連休をいただいています。

今日は、『ベルノート特製コンフィチュール』をご紹介します。
”パティシエが作るリッチな食パン”で人気のパン・ド・ミの横に
こんなコーナーができました(*^_^*)

20130815conf1.jpg

『でも、ジャムは食べないしな~』と思ってるあなた!
もったいない~~。
パンにつけるだけじゃない、コンフィチュールのこんな楽しみ方、いかがでしょうか?

♪おしゃれなドレッシングに、、♪
ビネガー&オイル(+塩コショウ)のシンプルなフレンチドレッシングに、
ベリー系のコンフィチュールをちょこっと足すだけで、
ホタテのカルパッチョみたいな前菜にも、すこ~し使うだけで
フレンチorイタリアン前菜風なおしゃれな感じに。

♪お料理のソースにも、、♪
鴨やフォアグラなど、フルーツのソースが合う食材なら、
ベリー系も、リンゴやマンゴー系も甘酸っぱさがとても合います。
下でご紹介する『ポンム・シャンパーニュ』などは、
フォアグラやハムステーキにぴったりなんですよ(*^^)v

♪おしゃれなさわやかドリンク、、♪
少量を炭酸水で割るだけで、さわやかなフレーバーウォーターに。
もちろん無香料・無着色、人口甘味料無添加ですから、
市販のフレーバー水にありがちな薬品臭さのない、ナチュラルな甘みと香りです。

♪そのままでお馴染みなこんな使い方、、♪
パンに、クラッカーに、ヨーグルトに、アイスクリームに、
クリームチーズと一緒にクラッカーにのせておしゃれなスナックに、
今、雑誌などでちょっと話題の”かき氷にコンフィチュール”、
ちょっとハズレで甘味が足りなかった果物に足して、、
ひらめき次第で、あれにもこれにも無限にアイデアはひろがります。

ベルノートのコンフィチュールはどれも、いわゆる『浅炊き』です。
だから、フルーツの香りと風味が生き生きとしています。
さらりとしていて ”煮詰まった感” がありませんので、
ご紹介したようなさまざまな変化球が楽しめるんです。

そのかわり日持ちは短めなので、パンに塗って少しずつ召し上がるだけでなく、
アイスやヨーグルトのお供に、ドレッシングやソース等に活用して、
美味しいうちにお早目にお召し上がりください。

さあ、それではベルノート・コンフィチュール・コレクションのご紹介です!
いずれも一種類のフルーツだけでなく、他所では買えない、
『パティシエが作る一ひねりあるコンフィチュール』です。

20130815conf3.jpg
ラズベリーもブルーベリーも、桃を加えることで
濃いジャム感 を和らげました。ほのかな桃の甘味と香りがたまりません。

フレーズ・デ・ボワ は、日本ではワイルドストロベリーと呼ばれる”野イチゴ”。
普通のイチゴにはない、とても豊かな香りが特徴です。
ヨーロッパでも、イチゴのようにスーパーでは買えずマルシェで探しますが、
大切そうに小さな紙の箱に入って、イチゴの何倍もの値段で売られています。
日本ではフレッシュはなかなか手に入りませんので、
ベルノートでは、シェフの自宅ガーデンで自家栽培したものを使っています。
もちろん無農薬です。

20130815conf2.jpg
マンゴーもパッションと合わせることで、適度な酸味が加わって
よりマンゴーの良さが際立つんです。バニラアイスにのせたら最高!

IMG_3779.jpg
マダムの一番のお気に入りはコレ!
フォアグラやハムステーキ、生ハムなど、甘いソースが合う肉系にぴったり!

そしてやっぱり、ショコラティエ上野博史シェフに欠かせないこれも!
20130815conf4.jpg

昨秋~冬に人気だった”キャラメルショコラ”の復活と、
塩キャラメルプリンでおなじみの塩バターキャラメル。
どちらもバニラアイスにかけたら、たまらんです。。。。

どれが皆さんのお好みでしょう??
『こんなの食べてみたい!』というリクエストも歓迎です(*^^)v
シェフの創作意欲を刺激出来たら実現するかも??

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/08/15(木) 16:29:58|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シェフが気まぐれてお得! | ホーム | ふわとろチーズケーキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/300-41b3653d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)