ベルギーワッフルが焼けるまで、、

9/5 木曜ですが、連休させていただいております。

休日恒例(?)アトリエレポート。
今日は、ベルギー在住18年のシェフが焼く
本物のベルギーワッフルの舞台裏をご紹介します!
シェフお得意の絶妙発酵ワザが光るモチモチ食感と、
発酵バター100%の濃厚な香り&コクで大人気です。

ベルノートのワッフルは”リエージュ風” 
もっちりした発酵生地にカリッとあられ糖がアクセントです。

一方、カフェなどでクリームやフルーツをのせて食べる
四角いふんわりサックリ軽いタイプは、”ブリュッセル風”。
生地は発酵させず、液状の種を流しいれて焼きます。

ベルノート特製リエージュ風ワッフルの”あられ糖”はベルギー産。
日本製でパールシュガーと呼ばれるあられ糖が手に入る今も、
ベルギーのあられ糖をわざわざ取り寄せて使っています。
こだわりの理由は ちょっと後で種明かし。。。

ベルギー産あられ糖、こんな感じです。見たことありますか?
大きいものは小指の爪くらいの大きさ。そのままかじると、
ガリガリしてるけれど、氷砂糖みたいにカチコチではありません。
20130420pearlsugar2.jpg

それを こ~んなにたっぷりと
IMG_3676.jpg

生地によ~く練りこみます。
ベルノートのワッフル生地は、パンと同じく天然有機酵母100%です。
IMG_3680.jpg

そして成形し、寝かせて発酵を待ちます。
表面に飛び出している白いあられ糖 見えますか?
IMG_3808.jpg
表面に出ているあられ糖は鉄板にあたって溶け、香ばしくキャラメリゼ。
生地の中に埋もれたあられ糖は焼け残ってカリッと食感のアクセントに(*^^)v

リエージュ風ワッフルに絶対に欠かせないのが『あられ糖』です。
日本製もあるんですが、粒が小さくて生地の中のも溶けてしまうので、
本来の『溶けてキャラメル・残ってカリッ』が今ひとつなんです。
それが、ベルノートがベルギー産あられ糖にこだわる理由です。

でも焼きあがってすぐはカリカリのあられ糖も、
時間が経つにつれてだんだんと生地に吸収されて、カリッと感が薄れてきます。
だから賞味期限は先でも、出来るだけ早く美味しいうちにどうぞ!

オーブントースターで1分半くらい温めて頂くと
もっちり感がよみがえり、さらに美味しくお召し上がりいただけます。

さあ、ワッフルマシンを熱していよいよ焼き上げです。
IMG_3703.jpg

ワッフルが焼け始めると、アトリエも売場も、
バターとキャラメルの香りがいっぱいで うっとりします。

20130426gaufre2.jpg

伊勢丹マ・パティスリーでファンになって下さった皆さまも
ぜひ浅草にもお越し下さい。
焼きたてワッフルを一つからお求めいただけます。
ベルギーチョコをどっさりかけた贅沢なチョコワッフルもありますよ(*^_^*)
IMG_3943.jpg
ワッフル片手に浅草さんぽ や スカイツリー見物はいかがですか?

ちょっとした手軽なお手みやげには、5個入りもございます。
20130503gaufre1.jpg

最近ではパン屋さんチェーンやカフェ、コンビニ、スーパー、
観光客向けの店でも売られるようになったベルギーワッフルですが、
あられ糖にも本場産にこだわった、ベルノートのリエージュ風ワッフル。
大量生産とは一味違う本物を、ぜひお試しください。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/05(木) 19:09:52|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タルト!タルト!タルト! そしてまるごと桃、、、 | ホーム | 伊勢丹マ・パティスリー 最終日です>>

コメント

merci!

いわし さま
コメントありがとうございます!
やっと夏も終わりそうで、そろそろ粉もんの美味しい季節が近づいてきました。 人口甘味料・トランス油脂・保存料ゼロを守りながら、タルトやワッフル、これからもバンバン焼いていきますよー! またご来店お待ちしてます♪♪♪
  1. 2013/09/08(日) 16:41:36 |
  2. URL |
  3. bellenote #-
  4. [ 編集 ]

一昨日このエントリを読み、どーしても食べたくなって昨夜購入しちゃいました!
「あられ糖」の存在感を堪能し、発酵バターの美味しさを再認識してと、目と舌をフル動員して観察しながらいただきました。何度もいただいてきましたけれど、やっぱり解説付きで食べるとたのしいですね。
もちろん1分半焼き戻しましたよー♪
  1. 2013/09/08(日) 12:19:30 |
  2. URL |
  3. いわし #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/319-a4209d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)