週末はタタンとミゼラブル!

速報~! 今週末限定スペシャル~!!!

あのミゼラブルがプチガトーで登場

IMG_4039.jpg

数量限定。 予定数終了次第おしまい。 多分今週末だけです。。。
次回は、シェフ曰く 『多分、もうしないよ』 だそうです。
ショーケース上段にいつも置いてあるプチパック版でファンになって下さってる方、
ベルギーでミゼラブルファンになった方、めったにないチャンスですよ~!

でも!ほんとはタルトタタンのニュースがメインだったのに~(-_-;)
実はすごく偶然に、この時期としては超異例で、紅玉りんごを入手しまして、、、
早速タルトタタンを焼いてみたんです。

紅玉って一般的には10月10~15日くらいから出荷が始まります。
『こんな時期に変だよ。この間の台風で落ちたから市場に出たのかもよ、、』と
品質には全然期待してなかったのに、素晴らしいペクチンが出て
美しいタルトタタンが出来ました。

IMG_4026.jpg

あまりにもツヤツヤ・プルプルに光っているので、
『上にゼリーのせてるんですか?』とお聞きの方もおられます。

と~んでもありません。
これ、リンゴが持ってるの自然のペクチンが成せるワザなんですよ。
シェフ特製の”タタン専用キャラメルソース”と、
リンゴのペクチンが合体してツヤツヤ・ピカピカのタタンが出来上がります。

紅玉であることは、外せない第一条件なんですが、
紅玉でもリンゴが良くないと、なかなかこんなにはキレイに仕上がらず、
その時に使っているリンゴ頼みなのが、頭の痛いところですが、
今回仕入れたのは、シーズン本番前なのに素晴らしくアタリ!でした。

昨年、NHKの番組で紹介されて、ちょっと見直されたタルト・タタンですが、
ベルノートでは、シェフがベルギー在住時代に星付き某レストランに教えて
大好評だった秘伝のレシピで作っています。

ベルノートのタルトタタンは、リンゴを煮ません。
生のリンゴを型に敷き詰めて、オーブンで焼きます。
煮る方がリンゴの質にも左右されないし、失敗も少ないので、
私が家庭で作るときは”りんごを煮る”方式で作りますが、
シェフの”焼く”方式だからこそ、リンゴの”シャックリ感”が残る
印象的なタタンが出来上がるんです。

シンプルだけど、隠しワザいっぱいのベルノート特製タルト・タタン。
一味違うスペシャルな秋の味をぜひお試しください。

さあ! タタン・シーズンの始まりですよ!! (*^^)v

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/20(金) 20:38:46|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イス&テーブル置きました。。。 | ホーム | 今朝はリンゴ+シャンパーニュ+バニラも!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/335-2f071adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)