ベルギー三大古典菓子、ミゼラブルを今日はプチガトーで

今週末は久し振りに『ミゼラブルのプチガトー版』出てます♪
20140610miserable.jpg

食べたことない人は???
食べた人は♥!♥!♥!
 のミゼラブル。
本国ベルギーでは上の写真のようなプチガトーやアントルメで売っていますが、
ベルノートでは、普段はこんな風に薄切りカットの袋詰めで販売しています。
20140610miserable1.jpg

この『ミゼラブル』というケーキ、袋詰めという見慣れないルックスもあって、
『これ、いったい何ですか』とか、『サンドイッチですか?』とか
皆さん興味津々なお菓子なんですが、
私たちが長年暮らしたベルギーでは、日本でのショートケーキのように、
どんな田舎のケーキ屋でもおいている、国民的ケーキ。 
メルベイユ、ジャバネと並ぶベルギー三大古典菓子のひとつです。

最近は日本でも、ベルギーでなくフランスで修業した若いシェフの店にも
並ぶようになってきましたので、ご存知の方も増えてきました。

『ミゼラブル』という名前、皆さまにはミュージカルの題名でおなじみと思いますが、
フランス語で”みじめ”とか”貧しい”というような意味の言葉です。
昔、庶民には乳製品が高価だった時代に、『クリームをミルクでなく水で炊いた』
のが名前の由来という説があります。

生地はダッコワーズ風ですが、その1.5倍のアーモンドパウダーを使って、
さらにアーモンドのコクが味わい深く、しっかりとした食感の、
ミゼラブル独特の生地に焼き上げています。

クリームはメレンゲを加えて軽く仕上げたなめらかなバタークリームに、
ベルノート人気アイテムのひとつでもある”美味カスタード”を加え、
オリジナルのベルギー版ミゼラブルクリームより軽やかに仕上げています。
ベルギーで召し上がって『甘すぎ!!』と思った方、
ぜひベルノートのミゼラブルをお試しくださいませ♪♪

薄切りの袋詰めにしたのはシェフのオリジナルアイデア(*^^)v
袋詰めを冷凍の状態でお渡ししますので、箱詰めギフトもOK.。
冷蔵で4日間の日持ちですし、ケーキほど持ち運びがデリケートではありませんし、
お皿もフォークもいらず、手を汚さずに召し上がれますので、
お手土産や差し入れ、楽屋見舞などにもぴったり。

凍ったまま召し上がればアイスケーキ風、
解凍すれば中央のクリームがとろける、また別の美味しさ。
地味~にファン拡大中の、ベルノートには欠かせない一品です。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/15(日) 11:57:23|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュレ♪ anninn♪ 冷た~いデザート冷えてます♪ | ホーム | マンゴー!パッション!ココナツ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/540-b491faaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)