ショコラのぶっちゃけ♪ ベストの保存方法と食べ方♪「

建国記念日。 どんな祝日をお過ごしでしたか?
私たち同様、お仕事だった皆さま、お疲れさまでした。

さて、昨日お約束した『ショコラの正しい保存方法』について書く前に、
シュトーレン・ハーフサイズ復活! のお知らせです(^^ゞ
今朝の記事で 『ハーフサイズ完売』 『クリスマスまでもう焼かない』
と書きましたら、ありがたいことにファンの方々がお越しくださいました。
そして『ハーフサイズ作って!作って!』コールにシェフが負けて、
大サイズをカットして、ハーフサイズに包装しなおしました♪
”ちょっと人にあげるから大は大きいなぁ”とか、
”半分は人にあげて半分は自分用” と言う方、チャンスです!
IMG_6969.jpg

そして、上野博史シェフのショコラワールドが紹介されている
”cafe-sweets”誌も、一時品切れしていましたが、また入荷しました。 
レジ前で販売しています。 これを読みながら召し上がれば、
ベルノートのショコラが、また数倍お楽しみ頂けると思います。
ぜひご覧ください♪ 写真は掲載された『ダン・グ・ア・ロートル』の断面です。
先週末のTV番組ジョブチューンでご覧下さった方も多いことと思います。
dungout.jpg


では本題の ショコラの正しい保存法と美味しい食べ方 です。
長いです。 お時間のある時にごゆっくりどうぞ♪

今の季節ショコラを贈ったりもらったりが増えますね。
早目に買って自宅や会社で保管している人も多いと思います。
せっかくのショコラをより美味しく召し上がれるよう、
せっかく心をこめて買ったショコラを美味しいままプレゼントできるよう、
ベストの保管方法・召し上がり方をご紹介します。

あくまでもスーパーやコンビニで手軽にお求めになれる
工場製の大量生産品ではなく、一粒づつ手作りの、
いわゆる ”ショコラトリー” のショコラのお話です。

バレンタイン用に買ったチョコ、『会社のロッカーに入れてる』とか
『ダンナさまに見つからないようにクローゼットに隠してる』と言う方、
あわてて正しい保管場所に移してくださいませ。
特にクローゼットはキケン!! 
香水や柔軟剤・防虫剤の匂いが移っちゃいますよー\(◎o◎)/!

ではまず”保管方法”から。 
ケーキの保管方法と似ている事たくさんあります。

・他のものからの匂い移りを防ぐため、外箱ごと密閉容器(タッパー的な
 もの)や、チャック付ビニール袋(ZIPLOC的なもの)に入れる。
 上質なショコラは繊細で、他のものの匂いをとても吸収します。

・要冷蔵のショコラは10~18℃位で保管。
 冷蔵庫に入れる場合は野菜室がベター。
 冷蔵室はショコラには温度が低すぎで、出した時の室内との
 温度差が大きいし、野菜室の方が若干乾燥もしにくい、という理由です。
 
・家の中で常に8~18℃位で温度変化や極端な湿気のない場所があれば、
 冷蔵庫でなくそこでもOKです。 (一軒家の玄関や廊下位の寒さ?)
 でもそれでもやっぱり、密閉容器(又はビニール袋)はお忘れなく♪

・急激な温度変化が一番よくありません。
 冷蔵庫から暖房のきいた暖かい室内に急に出さず 出来ればもう一つ
 真ん中の温度帯を経由して、緩やかに温度変化させることが、
 ショコラの劣化を最低限に防ぎます。
 例えば冷蔵庫と暖かいリビングの間に、玄関や廊下などで、
 マンション等で玄関も廊下もポカポカの場合は、今くらいの気温なら
 ベランダの日陰等でも。

 急な温度変化でビール瓶に水滴がついたり、メガネが曇ったりしますよね。 
 同じ原理で、ショコラも結露するんです。そのダメージはかなり大きいです。

次は”美味しい温度”についてです。

・薄~いタブレット(板チョコ)のように、冷たいのをパリッ が
 美味しいものもありますが、生クリームをたっぷり使ったボンボンなどは
 少し室温で戻してセンターの部分が少し柔らかくなってから召し上がると、
 お口に入れてすーっと溶ける、あの理想の口どけが楽しめます。

そしてとても大切なのは”新鮮で美味しいうちに早く食べる事”。
特にトリュフやボンボンショコラなど、生クリームやバターを
たっぷり使ったタイプのものは、賞味期限内はもちろんの事、
できるだけ早く!

ショコラって”腐るものじゃない”イメージをお持ちの方も多いようで、
実家の母なども、せっかく作りたてのショコラを送っても、
『高級ショコラだから、もったいないからちょっとずつね』等と言って
いつまでも冷蔵庫に入っていたりします(>_<)
カカオは農産物、しかも生クリームたっぷりで保存料無添加の
手作りの上質チョコは、日に日に味が変わっていきます。
とにかく新鮮でおいしいうちに早く早く!

ベルノートでは、お買い上げのショコラには、召し上がり方や
保存方法のプチリーフレットをお付けしています。
ひご覧ください。

ふーっ、長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。
やっぱりテレビじゃ全部は言えないですよねー。

これからもショコラの事、お菓子の事、ベルギーやヨーロッパの事、
いろいろ”ぶっちゃけ”て行きたいと思います。
シェフの気まぐれで突然出るお菓子の情報や、お得なセール情報なども。
引き続き、ブログやフェイスブックをご覧くださいませ♪
いいね! が増えるとシェフが張りきります(^^ゞ
気まぐれやお楽しみが増えるかも?
皆さん、どんどん ”いいね!” や拍手 して下さいねー♪

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/11(水) 20:32:29|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<cafe-sweets誌 シェフが載ってるのは166号♪ | ホーム | 2/11水曜ですが営業中♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bellenote.blog.fc2.com/tb.php/736-aa54b6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)